【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

オープンイノベーションでお客さまとギブ・アンド・テークするチームオプト株式会社 光学技術コンサルタント 宮前 博

苦しくても喜びや達成感があった

聞き手:お伺いしているだけでも,激動の中をいらっしゃいましたが,その中でも,苦労されたエピソードをお聞かせください。そして,どのようにしてその困難を乗り越えられたのでしょうか。

宮前:製品の歩留まりが悪くてお客さんが工場に攻めてきて帰ってくれなかったこと。それから,呼ばれて缶詰になって責め立てられたとき(笑)。部品が足りなくて頭を下げにいったとき,そういうのはみんなつらかったですね。でも,それでもギリギリつながっている間はまだよかったです。よく上司の小嶋が「開発は楽しいけれども,事業をやるのは苦しいことだらけだ」と言っていましたが,まさにそうでした。
 しかし,その後3年間高槻のテクノロジーセンターで新規技術の開発に従事する機会を得たこともあって,関西でも新しい人間関係ができたことがその後の開発推進や技術戦略の仕事でとても役に立ちました。心機一転,また頑張ろうという気持ちも大きかったです。それに,事業を担当していた当時はいろいろ苦しいことはあったけれど,世の中にものを出すという喜びや達成感がありました。
 技術的な仕事だけではなく,人を束ねるというのは,正直柄ではなかったのですが,部下に夢を持ってもらおうと,気持ちを張ってやっていた部分はありました。
 事業をやっているときは必死でしたけれど,何事も100パーセントはないだろうと思っていましたし,会社の中で物事をやるというのはこういうことなのだろうなと,ある部分で達観したようなところがありました。

人材育成委員会の改革に学会の人脈を生かす

聞き手:現在,日本オプトメカトロニクス協会(JOEM)の人材育成委員長を務めていらっしゃいますが,お仕事の内容について教えていただけますでしょうか。

宮前:JOEMの中に人材育成委員会ができたのが6年ほど前です。それまでは企画運営委員会が人材育成の仕事も全部行っていたのですが,それではなかなか回らなくて,人材育成だけを考える,講座とかセミナーの内容を考える組織として人材育成委員会ができたのです。
 光応用技術研修会が年に1回,例年5月に2週間かけて行われますが,以前は300人も集まっていたことがあるのに,100人を切るぐらいに少なくなってきました。これではいけないと思い,セミナーの内容を,もっと来てくれた人のニーズに合うようなかたちにどんどん変えていきましょうという話を,人材育成委員会とそのあとの飲み会で毎回話していました。そこからメンバーの結束ができ,お互いあまり遠慮せずに言いたいことも言って,講座の内容だけではなく,機構改革自体にも声を上げていったのです。
 人数が減った技術講座を新しい講座に改編することを続けていきました。そうすると,たまに当たるものが出てくるのです。今までは10人しか集まっていなかったのに,30人,40人集まる講座が出てくるようになりました。それから,光応用技術研修会の内容もどんどん入れ替えて,新しい先生や新しいテーマにして刷新を図りました。JOEM全体もようやく赤字を脱して,今年は大きな黒字が出ていると聞いています。
 講座を改編していく中で,じゃあ誰にお願いするのかとなったときに,これまでの学会などの人脈がすごく生きてきました。このテーマだったらあの人にこういうふうにお願いすればというイメージがすぐに浮かぶのです。知っている人だから,ダイレクトにコンタクトを取ると「あ,いいよ」と言って気軽に引き受けてくれました。だから,人材育成委員長は,これまでの人脈がとても生きた仕事だったなと思います。会社の仕事だけをやっていたらきっとできなかったことです。

<次ページへ続く>
宮前 博

宮前 博

●宮前 博(みやまえ・ひろし)さまのご経歴
1955年 東京都生まれ 1979年 東京大学理学部物理学科卒 1979年 小西六写真工業㈱(現コニカミノルタ㈱)入社 2003年 同社オプティカルユニット事業部長 2016年10月 チームオプト㈱光学技術コンサルタント
●研究分野
光学設計最適化理論,幾何・波動光学の基礎,光学結像理論,収差論,屈折率分布型素子,回折光学系,レーザー光学系設計,ズームレンズ設計
●主な活動歴
(一社)日本オプトメカトロニクス協会人材育成委員長,(一社)日本光学会監事
●チームオプト株式会社について
チームオプト株式会社は日本の光学産業発展に貢献したいとの理念を掲げ,2015年10月に設立した光学技術コンサルタント会社。光学メーカーや研究機関等で光学技術についての豊富な経験を積んだメンバーを集め,光学設計(カメラ,顕微鏡,光ピックアップ,照明用レンズ,ズームレンズ,回折レンズ等)はもちろん,光学理論,光学測定評価,光学ソフトウエア,先端光学技術など多岐にわたるコンサルティングや教育を行う。
URL: http://www.team-opt.co.jp/

私の発言 新着もっと見る


本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る