セミナー

聴講無料の「国際画像セミナー」を開催いたします。

今年も国際画像セミナーを展示会場に隣接するアネックスホール F201、F202にて行います。
日本映像処理研究会(IAJ)日本インダストリアルイメージング協会(JIIA)にご協力いた
だき、将来市場に影響を与える技術、取り組みをテーマとした特別招待講演を行います。

セミナースケジュールについて

※日付をクリックし、セミナースケジュールページをご覧ください。
セミナーご案内(PDF)のダウンロードはこちら
セミナー参加登録には、来場者登録(QRコード発行)が必要です。
尚、会期中も来場者登録、セミナー参加登録は可能ですが、セミナー参加登録は定員になり次第
締め切りとなります。お早めにお申し込みください。


日付別にスケジュールを公開しています。また、セミナーは下記3会場にて開講いたします。
国際画像セミナーは、アネックスホール F201、F202にて講演いたします。
IAJ-A3共同開催 画像技術セミナーは、アネックスホール F204にて開催いたします。

セミナー参加登録について

セミナー会場への入場は事前に参加登録をされた方から優先させていただきます。
お席に限りがありますので、事前に参加登録をされていない方のご入場をお断りする場合も
あります。あらかじめ、参加登録を済ませてからご来場いただくよう、お願いいたします。

● 参加登録から聴講までのながれ

  1. セミナー参加登録をしていただくには、はじめに来場者登録を済ませていただく必要が
    あります。お済みでない方は、はじめに来場者登録をお願いいたします。
  2. セミナースケジュールをご確認いただき、聴講を希望する講演の参加登録をしてください。
  3. 講演当日は展示会来場者カウンターにて来場者証を発行いただき、講演開始10分前までに、
    セミナー会場前の受付までお越しください。

● 注意事項

  • 講演開始5分前までにお越しいただけない場合は、参加登録は無効となります。
  • セミナー参加登録された方は、当日受付の方よりも先にセミナー会場へご入場いただけます。
    但し、全席自由席のため、立ち見となる場合もございます。
  • 講演内容は予告なく一部変更になる場合がございます。
  • 来場者登録後およびセミナー参加登録後に送信されるメールが届かない方は、
    event-info@adcom-media.co.jpにご連絡ください。
特別招待講演
ロボットの進化について「かしこく学ぶロボット」「かしこく動くロボット」など現在、注目されているトピックから将来市場に影響を与えるテーマ、画像センシング、インフラ、ディープラーニング、ドローンなど各分野における最先端の技術を取り上げ、第一人者にご講演をいただきます。
出展企業
出展企業による最新機器、技術紹介を行います。画像処理技術の最新情報、産業用カメラの基礎から応用、イメージセンサ、ディープラーニング、AI、マシンビジョン、照明、システムインテグレータ、カメラ、ソフトの選定方法やノウハウなど、現場で役立つ情報や最新の動向をお届けいたします。
過去のセミナー実績をこちらからご覧いただけます。

セミナーレポートもっと見る

医療画像へのAI応用とその未来
医療画像へのAI応用とその未来… 大阪公立大学 健康科学イノベーションセンター スマートライフサイエンスラボ 特任准教授 植田 大樹
インフラ構造物点検におけるイメージング技術の活用
インフラ構造物点検におけるイメージング技術の活用… キヤノン(株) イメージソリューション事業本部 IIS事業推進センター 主幹 穴吹 まほろ
生体認証技術を活用したデジタルトランスフォーメーションの最新事例~NEC I: Delightで実現する新たな体験~
生体認証技術を活用したデジタルトランスフォーメーションの最新事例~NEC I… 日本電気(株) エンタープライズビジネスユニット デジタルインテグレーション本部 勝浦 啓太
画像を見つめて50年
画像を見つめて50年… カーネギーメロン大学 ワイタカー記念全学教授 金出 武雄

同時開催

IAJ-A3画像技術セミナー
この一日で画像処理の基礎技術をすべてマスター可能!

日本映像処理研究会(Imaging Association Japan)アメリカA3(ASSOCIATION FOR ADVANCING AUTOMATION)による総合画像処理のセミナーです。A3では画像処理の総合教育として国際的に活躍できるエンジニアの育成事業を行っております。A3の英語プログラムを使用し、日本語にて画像処理技術の基礎を各分野のエキスパートが丁寧に解説いたします。終了後、総合テストを行い、これにパスすることでA3の公式認定修了証を発行させていただきます。これによりエンジニアが十分な知識を持つことが国際的に認識できるシステムです。日本からも画像処理に十分な知識を持つエンジニアの教育と国際的に活躍できるエンジニアの育成を目指し、開催をさせていただく予定です。

>> 詳しくはこちら <<

▼ プラチナスポンサー ▼

株式会社リンクス

東芝テリー株式会社

▼ メディアパートナー ▼

Smart Factory + Automation World 2024
APE2024
CIOE2024

ダウンロード

展示会FAQ

IAJ-A3共同開催 画像技術セミナー

第33回三次元工学シンポジウム

第21回偏光計測研究会