偏光計測研究会

概要

偏光計測研究会は最新の研究成果のみならず、測定技術、解析技術、理論等についてのチュートリアルやレビューを開催しています。また、偏光計測を開発・提供している方はもとより、偏光計測をユーザーとして利用している方の技術交流の場です。
なお、今回は新型コロナ対策のため、招待講演のみとなります。一部の講演はネットによる中継があります。会場参加だけでなく、ZOOMでのWEB配信での参加も可能ですので奮ってご参加ください。
会場内も消毒、検温および感染症対策として座席数を制限して開催いたします。

日時 2021年12月3日(金)13:00~17:30
場所 パシフィコ横浜アネックスホールF204(およびZOOMによるライブ配信)
プログラム
:招待講演
13:00-13:10 イントロダクトリートーク

水谷康弘(大阪大学)

13:10-13:50 光スピンホール効果の幾何学的解釈とその応用

小野田 勝(秋田大学)

13:50-14:30 MAIRS:薄膜構造解析に必須の新しい分光解析法

長谷川 健(京都大学)

14:30-15:10 エリプソ顕微鏡とその応用

金 蓮花(山梨大学)

(10min 休憩)
15:20-16:00 2光子干渉の物理と計測への応用

深津 晋(東京大学)

16:00-16:40 見る方向や光の偏光によって三色に変化する物質

平井大悟郎(東京大学)

16:40-17:20 円偏光散乱によるがん評価技術

西沢 望(東京工業大学)

17:20-17:30 クロージングリマークス

川畑州一(東京工芸大学)

参加費 5,000円 (会場参加、オンライン参加ともに)
申込後、振込先をお知らせします。
申込締切2021年12月2日(木)


お申し込み方法

参加申込の受け付けは終了しました。
当日の参加については、事務局までお問い合わせください

お問い合わせ先

宇都宮大学 大谷研究室内 偏光計測・制御技術研究グループ事務局
e-mail psi@otanilab.org

▼ プラチナスポンサー ▼

株式会社リンクス

東芝テリー株式会社

ダウンロード

展示会FAQ

第31回三次元工学シンポジウム

第17回偏光計測研究会