次回予告

次回は、2022年6月8日(水)~10日(金)にパシフィコ横浜で開催いたします。
詳細は、2022年2月頃に公開いたしますので、よろしくお願いいたします。
ご出展に関する資料は、2021年のものになりますが、下記からご覧ください。

ダウンロード

展示会の会場風景

開催日 天気 画像センシング展2021 来場者数
6/9(水) 晴れ 1,232人(4,342人)
6/10(木) 晴れ 1,638人(4,894人)
6/11(金) 晴れ 1,708人(6,642人)
合計 4,578人(15,878人)

()内は2019年度データになります。

開催のお知らせ

画像センシング展2021は、6月9(水)~11日(金)パシフィコ横浜にて
開催をいたします


画像処理・センシング技術は今、さらに多くの期待と注目を集めています。
そして、画像センシング展は今だからこそ人、モノ、情報が集う場所としての意義を保ちつつ、
新たな価値を生み出すことを目指して、開催して参ります。

また、話題のキーワードやトレンドを最前線で関わる専門家にご登壇いただき、特別招待講演を
行います。
今回は【QoL】【ディープラーニング】【AI/医療】【ロボット・ロボットビジョン】
【精密加工/組織・人財育成】をテーマに取り上げ、解説いただきます。

開催にあたっては各自治体、所轄官庁、会場との緊密な連携を取りながら、ご来場者、ご出展社
および展示会運営に関係する皆様の健康・安全を守る対策を講じます。
私どもは主催者として、2020年よりコロナ禍において開催した展示会から、会場への入場方法や
衛生管理、密度のコントロールなど運営方法を蓄積して参りました。
今後もより良い商談の場を安全に皆様に提供できるよう努めて参ります。

・全参加者へマスク着用及び手指消毒の徹底(会場内各所に消毒液設置)
・全参加者へサーモグラフィカメラ等による検温実施(37.5℃以上の方は入場不可)
・空調設備、扉の開放による常時換気
・セミナー参加人数の制限及び講演会場の座席間隔確保
・各セミナー終了後には、講演会場の消毒徹底
・各種注意喚起の看板を設置  など

【入場に関する注意事項とお願い】
●下記に該当する方は、本展には入場できません。
 ・37.5℃以上の発熱がある方や、体調がすぐれない方(味覚・嗅覚異常を含む)
 ・新型コロナウイルス感染症陽性者との濃厚接触がある方
 ・過去14日以内に、政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている
  国・地域等への渡航、並びに当該在住者との濃厚接触がある方
●会場では入場に際し「マスクの着用、検温、手指の消毒」が必須となります。
●来場の際には事前に体調を確認し、発熱や体調不良がある場合は来場をご遠慮ください。

皆様の参加を心からお待ち申し上げております。

開催概要もっと見る

いつでも、どこでも、誰でも画像

 画像処理・センシング技術は今、多くの期待と注目を集めています。コロナ禍においてますます必要とされる安全性・快適性・効率性の向上に寄与し新たな可能性を提案する“QoL(Quality of Life)ゾーン”、総合的なシステム構築を紹介する“システムインテグレーターゾーン”、世界のものづくりを支える日本の精密加工、測定・計測、位置決め技術などが集まる“精密加工測定ゾーン”、ディープラーニング、セキュリティ、メディカル、産学共同の分野で躍進する出展社が集まる“特別コーナー” を設置いたします。

本展示会の来場メリット

メリット1:情報収集

QoL(Quality of Life)、システムインテグレーター、精密
加工測定、ディープラーニング、セキュリティ、メディカル
といったテーマにそった最新の画像処理に関連する技術の
展示をご覧いただけます。


メリット2:知識向上

本展示会主催による画像処理、画像センシングに最前線で関わる専門家に講師としてご登壇いただく招待講演と本展示会の出展社によるセミナーで、最新の話題や市場動向などを無料で聴講できます。


メリット3:問題解決

日本映像処理研究会、出展社有志の方々に相談員としてご
協力をいただき、営利を目的とせず、ボランティア精神に
則り、中立な立場で皆様の疑問にお答えする『技術相談コ
ーナー』で、技術に関する悩みなどを直接相談できます。

画像センシングの最前線もっと見る

社会の安全安心を支える画像認識技術
社会の安全安心を支える画像認識技術 NECデータサイエンス研究所 佐藤 敦
三次元計測
三次元計測 梅崎 太造/服部 公央亮/鷲見 典克
三次元計測の原理と光の性質
三次元計測の原理と光の性質 広島市立大学 日浦 慎作

▼ プラチナスポンサー ▼

株式会社リンクス

ダウンロード

展示会FAQ