開催概要

国内最大・最先端のマシンビジョンが集う展示会

 ものづくりにおける自動化・省人化、そして快適な社会インフラづくりを支える技術として、マシンビジョンは多くの期待と注目を集めています。ウィズコロナ時代において新たな価値観が生まれ、改めてさまざまな局面で新しいサービスや技術が求められる状況となり、新技術の導入・普及は急務です。
 本展示会は国内外の主要なマシンビジョン・画像関連団体からの協賛を得て、さらなる市場拡大を目指します。ロボットビジョン、メディカル、セキュリティ、3次元、ディープラーニング、インフラ整備、精密加工測定といったテーマを設け、ゾーン・コーナーを設置し、最新の画像処理に関連する技術を展示、ご紹介して参ります。
 人、モノ、情報が集う場所としての意義を保ちつつ、我々は皆様のビジネスマッチングの場を創出するべく安全に配慮し、展示会を開催し続けます。新規顧客の獲得、新たなビジネスパートナーとの出会い、市場ニーズを掴む情報交換の場として、この「国内最大・最先端のマシンビジョンが集う展示会」を、ぜひ、皆様のビジネスチャンスにご活用ください。

概要

昨年度実績※同時開催展示会含む

  国際画像機器展2020 来場者数
12/2(水) 曇り時々雨 1,402人(4,938人)
12/3(木) 曇り 1,700人(5,216人)
12/4(金) 晴れ 2,046人(6,362人)
合計 5,148人(16,516人)

()内は昨年度データになります。

出展社 105社 192小間
来場者 5,148人

展示内容

展示内容

入場対象者データ

入場対象者データ 入場対象者データ 入場対象者データ

ダウンロード

展示会FAQ