【重要】O plus E 隔月刊化と価格改定のお知らせ

波動光学の風景

本宮佳典氏が応用物理学会業績賞(教育業績)を受賞

 本宮佳典氏が第20回(2019年度)応用物理学会業績賞(教育業績)を受賞しました。本宮氏は,『O plus E』で初学者向けの連載「波動光学の風景」の著者として,14年以上,現在もなお連載中です。その連載をまとめた電子書籍『波動光学の風景』は,現在,Vol. 14まで発刊しています。これらの著作を通した若手研究者・技術者の育成への貢献を高く評価され,受賞が決定いたしました。
 業績賞は,応用物理学に関連する研究分野において,発明,発見あるいは研究・開発を通して,学問分野や産業分野へ特別大きな貢献をなした業績(研究業績)と応用物理学に関連する学生・若手研究開発者の育成・啓発,あるいは科学技術に関する青少年・一般人への啓発に特別に大きく貢献した業績(教育業績)の功績を称える目的で贈呈されています。

第20回 応用物理学会業績賞(教育業績)
https://www.jsap.or.jp/outstanding-achievement-award/recipients/recipients20#ss3

波動光学の風景とは…

これまで光学を専門に学んだことのない読者にも理解しやすく,知識を習得できることを目指し,OplusEにて2005年8月よりスタートした好評連載中のチュートリアル記事です。波動光学の初歩から,基本となる考え方を解説しています。光学は古い歴史を持つ一方,近年は要素部品の多様化,関連技術分野との融合,高性能な計算機の普及,要求仕様の多様化などを背景に,さまざまな分野で光学技術が活用され,注目されている分野といえます。このような状況に伴って,光学を基礎から学びたいという声も広く聞かれるようになっています。本記事は,光学の中で応用される基礎科目を復習しながら,効率的に光学を学ぶことを目的としています。

お知らせ

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る