【重要】O plus E 本誌価格改定のお知らせ

「本物を創る」という理念に共感してくれる人たちに集まってほしい日本特殊光学樹脂株式会社 代表取締役 佐藤 公一

精密加工,プレス成形技術,超大型対応で飛躍を目指す

聞き手:まず日本特殊光学樹脂の特徴についてお教えください。

佐藤:弊社は1974年に現在の会長である私の父が創業しました。基本的にはプラスチックレンズ,フレネルレンズの金型を作り,成形までをする会社です。弊社の特徴ですが,「本物を創る」という社訓があり,それを支える3本の柱があります。まずは,金型を作る超精密加工技術です。これは弊社の会長が長年積み上げてきたものです。昔,NC加工機がなかった時代には,会長が自分の手で汎用旋盤を使い,途中で休んでしまうと境目が出てしまうため,寝ずに連続して同じようなペースで加工し続けていました。そのノウハウを生かして,材料の気持ちになり,工具の気持ちになり,機械の気持ちになり,いろいろと五感,あるいは第六感まで使って感じ取ってものづくりをするのが,本物を創るということの根幹だと思っています。
 また弊社ではNC加工機が登場してからはいち早く導入し,オリジナルでフレネルレンズ金型加工機の設計を行い,製作しました。
 最近ではこれらの経験や機械設計のノウハウと,分解能がナノオーダーという最新鋭の加工機を駆使して金型を作っています。高品質な金型というのは,単に機械を買っただけではできることではないと思っております。
 次に,熱プレス成形技術です。どんなに良い金型ができても,それを使ってしっかり成形して樹脂に形状を転写することができなければ製品として意味がありません。そのために弊社では,金型形状を樹脂にしっかりと転写をするプレス成形という技術を使っています。一般にプラスチックレンズは射出成形で作ることが多いですが,弊社の場合は比較的面積が大きく薄くさらに微細なパターンが入っている製品が多いため,射出成形では細部まで樹脂が入っていかないのです。そこでしっかりと樹脂を充てんさせるために板状の材料を金型に挟み,熱と圧力で形を転写する熱プレス成形技術を採用しています。この方式を採用しているメーカーはなかなかないと思います。
 最後の柱は,「大きなものが作れる」ということです。当社の製品には対角5メーターという超大型のフレネルレンズがありますが,恐らく世界でもこのサイズを製作できるメーカーはあまりないのではないでしょうか。作るものが大きいことは,それだけがメリットではなく,大きいものを作る際に出てくる不具合を解決することで,小さい製品がさらに良くなるということもメリットです。大きな製品は年に何回も需要がある製品ではありませんが,大きな製品を作ることができる設備,技術を保有し,それにかかわる課題を把握して対処できることが強みの1つです。
 今後はこれらの特徴を研ぎ澄まして,ニッチな市場でオンリーワン,オンリーワンというより私はユニークと言っているのですが,弊社だからこそできることがある。そういう会社にしていきたいと思っています。
 そのためには人も重要ですね。弊社でものづくりをする仲間が,ものを作るための感覚や技術をよりよく研ぎ澄まして行こうという共通のモチベーションを持てる組織をつくりたいです。機械も大切ですが,ものづくりは一人一人の心遣いというか,自分が行っている作業に対してどれだけ気遣いができるか,気付きがあるかが重要です。全部の工程での気遣いや気付きの積み重ねで品質が作り込まれたり,新しいものや技術が生まれたりしますから,そういう人を育てていきたいですし,そういう人たちに集まってもらえるような企業風土をつくっていきたいと思っています。
 今従業員数は30名弱ですが,人数はあまり増やさずに,付加価値を高めて,業績を伸ばしたいと思っています。そのためにもニーズを把握するために,お客さまと積極的にお話をするようにしています。以前はお客さまから言われたものを作るという形が多かったですが,これからは今後必要になりそうな新技術や素材など,アンテナを伸ばして先手を打っていきたいですね。まだ需要が立ち上がらないうちから準備をして,チャンスが来た時にすぐに世に送り出していけたらいいなと思っています。

<次ページへ続く>
佐藤公一

佐藤公一

●佐藤公一(さとう・こういち)さまのご経歴
1976年 東京都生まれ 2000年 早稲田大学理工学部機械工学科卒 2001年 英国ノティンガム大学 Operations Management & Manufacturing Systems修士 2001年 伊藤忠テクノサイエンス(現:伊藤忠テクノソリューションズ)入社 ネットワークソリューション,セキュリティ,ワイヤレスネットワークなどの設計構築,取り扱いプロダクト担当 2004年 KDDI Europe Ltd.入社 ネットワークコンサルタント 金融機関のネットワークマネジメント,セキュリティシステム構築 2006年 日本特殊光学樹脂入社 技術営業部 2012年 同社 代表取締役就任 現在に至る
●主な活動歴
2016年 板橋次世代経営者会議 会長
●日本特殊光学樹脂株式会社について
日本特殊光学樹脂株式会社は,高品質,高精度プラスチックレンズの総合メーカー。「本物を創る」を社訓にフレネルレンズ,リニアフレネルレンズ,レンチキュラーレンズ,フライアイレンズ,レンズアレイ,非球面レンズなどを金型から製品まで,一貫生産で提供している。URL:http://www.ntkj.co.jp/

私の発言 新着もっと見る

自分の仕事に誇りをもつと同時に楽しむことを伝えたい
自分の仕事に誇りをもつと同時に楽しむことを伝えたい(6/25) 元シチズンホールディングス(株) 社長 梅原 誠
技術者になりたいという子どもを増やしたい
技術者になりたいという子どもを増やしたい(5/25) 静岡大学/兵庫県立大学 寺西 信一
オープンイノベーションでお客さまとギブ・アンド・テークする
オープンイノベーションでお客さまとギブ・アンド・テークする(4/25) チームオプト株式会社 光学技術コンサルタント 宮前 博
「本物を創る」という理念に共感してくれる人たちに集まってほしい
「本物を創る」という理念に共感してくれる人たちに集まってほしい(3/24) 日本特殊光学樹脂株式会社 代表取締役 佐藤 公一

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る