【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

第19回 台湾交流録 part 5 建築空間へ

 レインボウホログラムは上下の視点の移動でイメージが大きく異なるため,最適な高さにするための設置の決定はいつも悩ましい課題だ。どの鑑賞者に合わせるのか。大人が観ている画像は実は小さな子供には何も見えていないといった現象は,ホログラムの展示ではよく見かける状況である。一般的に,展示は低めに設定されることが多い。(中略)
 設置完成後, 地元のメディアも招待し除幕式が執り行われた。図4が完成作品Photon Drawing series EL #1である。ちょうど作品の向かい側にエレベーターがあり,ドアが開くと内部のミラーには向かい側のホログラムが映り込む。さらに,そこには石の床に映った色の異なる逆さホログラムも見て取れる(図5)。予期せぬ面白い効果の現出に,私は一人ほくそ笑んでいる。

(一部抜粋。全文は本誌へ)


本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る