セミナーレポート

画像処理を前提にした写真撮影で,小さいが故の限界を突破。コンパクトデジタルカメラを侵食し,進化するスマホカメラ(株)モルフォ 高尾慶二

本記事は、画像センシング展2013にて開催された特別招待講演を記事化したものになります。

小走りに走りながらの動画撮影で,ブレを抑える機能も登場

 最近のスマートフォンはバッテリー容量が大きくなり,フルHDの動画が撮影できるようになりました。そこで,歩きながら動画を撮りたいというニーズに応えるため,動画の手持ち撮影時に発生する手ブレを軽減する「Movie Solid」を開発。高度なブレ補正機能によって,小走りで走りながら撮影しても,ブレずに動画を撮ることができます。また,最近の女子会では,料理の写真や参加メンバーの集合写真をよく撮ります。しかし,目を閉じていたり,笑顔が気に入らない人が参加者に1人でもいると,SNSに写真をアップできません。そこで,全員が気に入った写真をアップしたいといニーズから生まれたのが「Morpho Group Photo」という集合写真編集技術です(図1)。
図1 集合写真編集技術「Morpho Group Photo」

図1 集合写真編集技術「Morpho Group Photo」

これは複数の人が写った写真を連写し,その中からそれぞれ一番よい顔を自動的に選び,ベストショットに合成するものです。搭載されたスマートフォンのユーザーからは重宝しているという声が寄せられています。さらに,パソコンでは数年前からある技術ですが,静止画の中で,電車など動いているものだけを動かすシネマグラフを作成する「Morpho Cinemagraph」も開発,提供しています。
 一眼レフカメラにはレンズの明るさを示すF値が1.0とか1.8のように小さいレンズがあります。こうしたレンズは被写界深度が浅いため,人物などを撮る場合,背景をぼかすことができます。それに対して,今までのスマートフォンはF値が2.4以上と大きく,被写界深度が深いため,そうした写真を撮ることができませんでした。そこで開発した「Morpho Defocus」は被写体にフォーカスした写真と背景にフォーカスした写真を別々に撮影,合成して背景のぼかし度を強調した写真にすることができます。ぼかし度はマニュアルで調整可能で,近接撮影や人物撮影に効果的に使うことができます。また,観光地に行くと,人がたくさんいて,思い通りの写真が撮れないことがあります。そこで,同じシーンの写真を連続撮影し,人など動いている部分を認識,撮影後に除去する「Morpho Object Eraser」も開発しました。

<次ページへ続く>

(株)モルフォ 高尾 慶二

1984年、豊橋技術科学大学修士課程修了後、自動車メーカーのマツダに入社。92年、マツダが資本提携していた東京デジタルホン(J-フォンの前身。現・ソフトバンクモバイル)へ出向。携帯電話の開発に取り組み、2000年に「写メール」を開発。その後、2004年に退社後コンサルティング会社等を経て、08年1月、(株)モルフォに入社。

アーカイブもっと見る

NTTグループが描く未来農業
NTTグループが描く未来農業(7/25) 日本電信電話㈱(NTT) 研究企画部門 プロデュース担当部長 久住 嘉和
QoL向上のためのメディア認識・理解技術
QoL向上のためのメディア認識・理解技術(7/25) 東京大学 大学院情報理工学系研究科 電子情報学専攻 山崎 俊彦
商用化が目前に迫る完全自動運転における画像センシング技術の重要性
商用化が目前に迫る完全自動運転における画像センシング技術の重要性(11/26) インテル(株) 事業開発・政策推進ダイレクタ 兼 名古屋大学客員准教授 野辺 継男
脳と人工知能
脳と人工知能(9/25) 理化学研究所 栄誉研究員 甘利 俊一
超高齢化時代におけるみまもり工学 センシング技術への期待
超高齢化時代におけるみまもり工学 センシング技術への期待(9/25) 東京大学大学院医学系研究科 特任教授 森 武俊

ダウンロード

展示会FAQ