セミナーレポート

誰にでも分かる,サービス現場でのユーザー特性の画像センシング技術 ~ユーザーの体形,運動,行動センシング~産業技術総合研究所 持丸 正明

本記事は、画像センシング展2011にて開催された特別招待講演を記事化したものになります。

センシング-サービスのサイクル

  われわれは今,「生活」を次の研究のステップに据えています。デジタルヒューマンに関する研究は,ほかの大学や研究所でも進められています。多くの研究がどちらかというとミクロ,つまり,臓器や細胞の研究に向かうのに対して,われわれはマクロな方向へ向かっています。行動や生活を何とかモデル化できないかというのが,われわれの次のチャレンジとなっています。
 産総研の研究所やセンターのほとんどが材料や遺伝子などを研究対象としているのに対して,われわれの研究所はインテグレーション型の研究センターといわれています。製品やサービスを通じて人間の状態をセンシングして,そのデータをネットワークやクラウド上にため込みます。そして,そのデータに基づいてデジタルヒューマンモデルを作ります。それを使って,もっと良い製品展開につなげたり,モデルそのものをシステムに組み込んで新しいサービスを提供しながら,持続的に人間のデータをさらに集めるというサイクルを考えています。
 われわれは実験室の中だけでデータを取るのではなく,このサイクルを実社会の中に開いてデータを取っていくというアプローチを採っています。そうした方法によって,膨大な量のデータを取ることに成功しています。つまり,実際の社会の中にデジタルヒューマンを埋め込んで,持続的にヒューマンモデルがアップデートされていくような仕組みを考えているわけです。

<次ページへ続く>

産業技術総合研究所 持丸 正明

アーカイブもっと見る

器用なロボットの実現を目指した3Dセンシング
器用なロボットの実現を目指した3Dセンシング(11/25) 中京大学工学部テニュアトラック助教 秋月 秀一
オムロンのコア技術“Sensing&Control+THINK”の集大成 卓球ロボットFORPHEUS-「人と機械の融和」の実現に向けて-
オムロンのコア技術“Sensing&Control+THINK”の集…(9/25) オムロン(株) 技術・知財本部 センシング研究開発センタ 研究員 中山 雅宗
省演算・省電力AI:SOINNの活用事例
省演算・省電力AI:SOINNの活用事例(9/25) SOINN(株) 代表取締役CEO 長谷川 修
NTTグループが描く未来農業
NTTグループが描く未来農業(7/25) 日本電信電話㈱(NTT) 研究企画部門 プロデュース担当部長 久住 嘉和
QoL向上のためのメディア認識・理解技術
QoL向上のためのメディア認識・理解技術(7/25) 東京大学 大学院情報理工学系研究科 電子情報学専攻 山崎 俊彦

ダウンロード

展示会FAQ