セミナーレポート

中国AI最新事情と画像センシング技術の自動運転への応用センスタイムジャパン CEO 勞 世竑

本記事は、画像センシング展2019にて開催された招待講演を記事化したものになります。

中国でのAI企業の急激な発展について

 今日,皆さんと一緒に考えていきたいことは,「なぜ日本企業は世界に誇れる技術が減ってきたのか」「日本企業が世界で勝てるようにするために何か方法があるのか」です。
 今,中国で注目されているのがAIの技術です。多くの企業がAIへの投資を強化しており,急速に発展してきています。国家戦略として,2020年に中国のAI技術を米国と並ぶレベルにすると発表しています。現時点で,論文の数は米国を超えており,米国のIT業界では中国出身の技術者がたくさん活躍しています。また,起業も盛んになっており,多くのベンチャー企業が香港,深圳,北京に設立され,その中には,ユニコーン企業と言われる評価価値が10億ドル以上の企業が多数含まれています。世界中でユニコーン企業は300社以上あり,そのうち約3分の1の100社近くが中国にあり,中でも北京の中関村から出てくるユニコーン企業が中国の半分近くを占め,米国シリコンバレーより元気があると言われています。
 2018年の中国におけるユニコーン企業例のトップは,ドローンの世界トップメーカーDJIです。その次に,ロボットのスタートアップ企業UBTECHや,AIと顔認識技術の研究開発を手がけるセンスタイムが入っています。そのほかの企業も,画像認識や顔認識,AIチップなどのベンチャーがほとんどです。
 なぜ,中国でこれほどたくさんのユニコーン企業が生まれたのか。主に3つの理由があります。1つ目は,豊富な人材があること。2つ目は政府の支援があること。そして,3つ目は活発な投資があることです。ユニコーン企業の1社であるセンスタイムは,香港中文大学にあるTang Xiao’ou教授のマルチメディア研究室を母体として2014年に設立されました。世界に先駆けてコンピュータービジョンにディープラーニング技術を応用し,顔認識技術で人間を超える性能を実現しました。そして,会社設立からわずか2年後の2016年,ILSVRC2016で3冠を達成しました。現在,スタッフは3000人を超えており,その中でPh.D.の学位を持っている者が200人以上います。

<次ページへ続く>

センスタイムジャパン CEO 勞 世竑

1984年 中国浙江大学卒業 京都大学留学後,1992年オムロン株式会社入社 顔認識技術の開発研究に従事。2016年SenseTime Groupの日本法人であるセンスタイムジャパンを設立。ディープラーニングを活用したコンピュータビジョンの技術を提供する最先端企業として,顔検出・認識,車・歩行者検出技術開発,ホンダと自動運転の実現を目指した共同研究を行っている。SenseTime Group副総裁,知能運転事業統括。センスタイムジャパンCEO。

アーカイブもっと見る

器用なロボットの実現を目指した3Dセンシング
器用なロボットの実現を目指した3Dセンシング(11/25) 中京大学工学部テニュアトラック助教 秋月 秀一
オムロンのコア技術“Sensing&Control+THINK”の集大成 卓球ロボットFORPHEUS-「人と機械の融和」の実現に向けて-
オムロンのコア技術“Sensing&Control+THINK”の集…(9/25) オムロン(株) 技術・知財本部 センシング研究開発センタ 研究員 中山 雅宗
省演算・省電力AI:SOINNの活用事例
省演算・省電力AI:SOINNの活用事例(9/25) SOINN(株) 代表取締役CEO 長谷川 修
NTTグループが描く未来農業
NTTグループが描く未来農業(7/25) 日本電信電話㈱(NTT) 研究企画部門 プロデュース担当部長 久住 嘉和
QoL向上のためのメディア認識・理解技術
QoL向上のためのメディア認識・理解技術(7/25) 東京大学 大学院情報理工学系研究科 電子情報学専攻 山崎 俊彦

ダウンロード

展示会FAQ