セミナーレポート

生活支援ロボットの開発 ~障がい者,高齢者,およびその家族や介護者のQOL向上のために~トヨタ自動車(株) 服部 祐人

本記事は、画像センシング展2014にて開催された特別招待講演を記事化したものになります。

“人の役に立つ”パートナーとしてのロボット開発を目指す

 トヨタグローバルビジョンは「笑顔のために。期待を超えて。」です。このスローガンのもと,お客様第一,お客様目線での仕事を進め,いいクルマづくりを通じて,いい町・いい社会への貢献を目指しています。その中でパートナーロボットの開発を「未来のモビリティ社会をリードする新しいライフスタイル」の提案と位置づけています。
 パートナーロボットのコンセプトは,“人の役に立つ”パートナーとしてのロボットです。そのためには,人の役に立つかしこさと人へのやさしさが必要で,パートナーロボットの開発により,明るい未来社会の一翼を担うことができればと考えています。
 これまでのロボット開発の歩みを振り返って見ますと,80年代の産業用ロボットの開発から始まり,工場の自動化を実現するために溶接ロボットを開発。90年代には汎用化の方針のもと,複数の車種や複数の色に対応できるようになりました。近年では人をアシストする「人協調型のロボット」の実用化も進めています。そして,製造現場で培った数々のロボット技術をもとに,人と共存し,人の役に立つパートナーロボットの開発へと進化させてきました。2005年には,愛・地球博においてヒューマノイドロボットによる楽隊演奏を行い,歩行技術や道具を使う技術を。2010年には上海万博において,バイオリンの演奏を行い,道具を使う技術がさらに進化したことをご覧いただきました。
 2007年にはパートナーロボットの開発ビジョンを発表し,研究開発の段階から実証フェーズへの移行を開始しています。私たちは大きく4つの領域で人を支援するパートナーロボットの開発を進めています。「製造モノづくり支援」領域では,ウィンドウ搭載やスペアタイヤ搭載支援を実用化し,社内の製造ラインで稼働させています。「パーソナル移動支援」の領域では,立ち乗り型の小型移動ロボットWingletの実証運用。「介護・医療支援」の領域では,移乗支援や歩行支援ロボットの開発を進めています。そして「生活支援」の領域では,より知的な作業を行う移動サービスロボットとして生活支援ロボットHSR(Human Support Robot)の開発を行っています。

<次ページへ続く>

トヨタ自動車(株) 服部 祐人

2000年 長岡技術科学大学大学院修士課程修了
2000年 株式会社リンクス入社,画像システム事業部勤務
2004年 トヨタ自動車株式会社入社,パートナーロボット部勤務

アーカイブもっと見る

オムロンのコア技術“Sensing&Control+THINK”の集大成 卓球ロボットFORPHEUS-「人と機械の融和」の実現に向けて-
オムロンのコア技術“Sensing&Control+THINK”の集…(9/25) オムロン(株) 技術・知財本部 センシング研究開発センタ 研究員 中山 雅宗
省演算・省電力AI:SOINNの活用事例
省演算・省電力AI:SOINNの活用事例(9/25) SOINN(株) 代表取締役CEO 長谷川 修
NTTグループが描く未来農業
NTTグループが描く未来農業(7/25) 日本電信電話㈱(NTT) 研究企画部門 プロデュース担当部長 久住 嘉和
QoL向上のためのメディア認識・理解技術
QoL向上のためのメディア認識・理解技術(7/25) 東京大学 大学院情報理工学系研究科 電子情報学専攻 山崎 俊彦
商用化が目前に迫る完全自動運転における画像センシング技術の重要性
商用化が目前に迫る完全自動運転における画像センシング技術の重要性(11/26) インテル(株) 事業開発・政策推進ダイレクタ 兼 名古屋大学客員准教授 野辺 継男

ダウンロード

展示会FAQ