セミナーレポート

映像解析技術を活用した安全・生産性を向上するフィジカルセキュリティー・IoTソリューション(株)日立製作所 村上 智一

本記事は、国際画像機器展2016にて開催された特別招待講演を記事化したものになります。

映像解析技術の動向と可能性

 今,様々な分野で映像による作業の省力化,自動化,安全化への期待が高まっています。セキュリティーや生産,メンテナンスの分野,自動車の自動運転,医療,コンシューマーなどで映像解析技術への取り組みが進んでいます。特に,セキュリティーに関してはテロ対策に向けて見逃しをなくしたい,広範囲をカバーしていきたいというニーズがあります。工場ではフードディフェンスをはじめとして,従業員の内部統制,生産性の向上に関心が持たれています。
 産業界においては,少子高齢化による人手不足や,熟練者の退職,グローバル化による海外への工場移転に伴いノウハウや伝承の不足,同一品質維持が大きな課題になっています。これらに対し,映像解析技術を使い,いかに質の維持やノウハウのデジタル化を図っていくか。我々は,こうした課題を解決するために,映像認識の技術として,検知,判別,評価の3つのステップを考えています。人に関しては,顔の検知から検索,認証といった技術がすでに使われてきています。属性で人物を検索し,不審物の所持を判別する。勤務や作業の評価や逸脱行為を判別していく。流通分野では顧客の購買・行動を分析する。そのようなニーズも高くなっています。
 映像解析の技術に取り組むと同時に,IoT系のセンサーなどによりデータを統合し,クラウド上で分析していくという形で,我々は統合プラットフォーム,フィジカルセキュリティーソリューション(PSS)の提供を進めています。PSSでは,ネットワーク技術活用により様々な分野でのセキュリティーをサポートするPhysical Security Solutionとともに,生産設備・入退室管理・監視カメラシステムなど他設備との連携で課題解決のための高度なソリューションProblem-Solving Solutionの提供を行っています。

<次ページへ続く>

(株)日立製作所 研究開発グループ システムイノベーションセンタ 村上 智一

(株)日立製作所 研究開発グループ システムイノベーションセンタ メディア研究部 所属。現在,画像認識・処理技術の研究開発に従事。
博士(情報理工学)。電子情報通信学会,映像情報メディア学会,日本バーチャルリアリティ学会 会員。

アーカイブもっと見る

行動解析技術の最前線
行動解析技術の最前線(3/25) オムロン(株) 技術・知財本部 研究開発センタ AI制御研究室 主査 高橋 智洋
触覚情報をカメラでとらえる
触覚情報をカメラでとらえる(3/25) 立命館大学 理工学部 ロボティクス学科 教授 下ノ村 和弘
行動解析技術の最前線
行動解析技術の最前線(1/25) NEC バイオメトリクス研究所 研究マネージャー 西村 祥治
精密加工と精密位置決め技術の組み合わせによる材料内部の3次元組織観察,ならびに硬さ分布の3次元解析システム
精密加工と精密位置決め技術の組み合わせによる材料内部の3次元組織観察…(1/25) 理化学研究所 光量子工学研究センター 画像情報処理研究チーム チームリーダー 横田 秀夫
関西大学 システム理工学部 機械工学科 教授 古城 直道
画像を利用したインフラ維持管理におけるデータ管理手法
画像を利用したインフラ維持管理におけるデータ管理手法(3/25) 株式会社イクシス 代表取締役 山崎 文敬
生体視覚神経系に学んだロボットビジョン開発
生体視覚神経系に学んだロボットビジョン開発(1/25) 大阪工業大学 情報科学部 奥野 弘嗣

ダウンロード

展示会FAQ