【重要】O plus E 隔月刊化と価格改定のお知らせ

空飛ぶクルマは実現するか。東京モーターショーシンポジウム2019

概要

日時
2019年10月28日(月)13:00~17:00(12:30開場)
場所
東京ビッグサイト 会議棟6F 605~608会議室(〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1)
プログラム
1.「開催の挨拶」中野 冠(慶應義塾大学/空飛ぶクルマラボ代表)
2.キーノートスピーチ「空の移動革命に向けた政府の取組と期待」伊藤貴紀(経済産業省)
3.キーノートスピーチ「空の移動革命が拓く未来~社会実装に向けた“大阪”の戦略的ポジショニング~(仮)」中原淳太(大阪府商工労働部/産業化戦略センター長)
4.キーノートスピーチ「航空機電動化コンソーシアムの取組」西沢 啓(JAXA)
5.生活セッション「空飛ぶクルマのビジネスモデル」中野 冠(慶應義塾大学/空飛ぶクルマラボ代表)
6.生活セッション「スマートシティにおける空飛ぶクルマの可能性」廣瀬史郎(デロイトトーマツコンサルティング)
7.メーカーセッション「パネルディスカッション」コーディネータ:中村 翼(有志団体CARTIVATOR/慶應義塾大学)
  各社講演
 ・「クルマの技術を空へ」石塚康治(デンソー)
 ・「空の移動革命に向けたSUBARUの安全への取り組みについて」岡田悟史(SUBARU)
 ・「小型電動航空機に適応可能な自動車開発技術」兵頭 淳(東京アールアンドデー)
 ・「将来VTOL構想」山本毅広(川崎重工業)
8.「閉会の挨拶」渡辺重哉(航空機電動化コンソーシアム代表/JAXA)
定員
500名(先着順)
参加費
無料(モーターショー入場券なしで入場可能)
申し込み方法
不要(当日先着順)

問い合わせ:空飛ぶクルマ研究ラボ

E-mail:flying-car-lab@sdm.keio.ac.jp
URL:http://www.sdm.keio.ac.jp/2019/10/01-060352.html

掲示板 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る