【重要】O plus E 隔月刊化と価格改定のお知らせ

公開シンポジウム「自動運転とサイバーリスク~香川・群馬・明治の3大学連合による小豆島実証実験をもとに~-道交法におけるデータ記録のあり方」

概要

日時
2019年6月5日(水)13:00~17:00(12:30受付)
場所
明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント1階 グローバルホール(〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1)
プログラム
「開会・挨拶」中山幸二(明治大学)
【第1部 小豆島プロジェクトの成果報告】
・「趣旨説明と成果」肥塚肇雄(香川大学)
・「アンケート集計結果」須田英太郎・三輪哲大(scheme verge)
・「公道実験&試乗会の解説」小木津武樹(群馬大学)
【第2部 研究実験「自動運転のログデータとサイバーリスク」の事例研究】
①「道路交通法の改正と「作動状態記録装置」導入について」
②「実験事例とデータ・ログの状況」小木津武樹・三樹孝博(群馬大学)
③パネルディスカッション
・「リアルタイム・ログ・データの活用とAI学習」萩原一郎・安部博枝(明治大学)
・「AIとサイバーセキュリティ」後藤大(東京弁護士会)
・「自動運転のサイバーセキュリティをめぐる国際基準の議論状況」河合英直(自動車技術総合機構)
・「保険法から見たサイバーリスク」肥塚肇雄(香川大学)
・「証拠の観点から見た鍵点と限界」明治大学法的インフラ研究会チーム
懇親会(リバティータワー23階「燦」)
参加費
無料 懇親会:5,000円

問い合わせ:事務局

E-mail:auto@meiji.ac.jp
URL:https://www.meiji.ac.jp/osri/topics/2019/6t5h7p00001c39l9-att/20190605_compressed.pdf

掲示板 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る