【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

第5回ディジタルオプティクス研究会CIS-Japan Collaboration Symposium「ホログラフィ技術応用と計算イメージング」

概要

日時
2014年11月4日(火)13:00~17:10
場所
電気通信大学 東9号館 306会議室(〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1)
参加費
2000 円,学生:無料,懇親会:3000 円
申込方法
事前にE-mailで申し込む。懇親会参加の可否も含む。

プログラム

  1. “Current status of Central Asian Research and Education Network (CAREN)”Askar KUTANOV(National Academy of Science of Kyrgyz Republic(NAS-KR))
  2. “Applications of digital holography”Osamu Matoba(Kobe Univ.)
  3. “Research Trend in Holographic Memory”Kubanychbek ZHUMALIEV(National Academy of Science of Kyrgyz Republic(NAS-KR))
  4. “High-precision wide-field quantitative phase imaging with a digital holographic microscope using a spherical reference beam”Kazuhiro Hoshino and Eriko Watanabe(Univ. of Electro-Commun.)
  5. “Computational imaging for extended depth-of-field and field-of-view”Tomoya Nakamura, Ryoichi Horisaki, and Jun Tanida(Osaka Univ.)
  6. “The recording media in holography and application”Akylbek JEENBEKOV(Kyrgyz Russian Slavic University(KRSU))
  7. “Incoherent holographic spectrometry”Masaki Obara and Kyu Yoshimori(Iwate Univ.)
  8. “Digital holography for simultaneously sensing multiple wavelength information”Tatsuki Tahara, Toru Kaku, Yasuhiko Arai, and Yasuhiro Takaki(Kansai Univ., Tokyo Univ. Agriculture and Tech.)

問い合わせ:神戸大学/的場 修

E-mail:matoba@kobe-u.ac.jp
URL:http://digiopt.ccsv.okayama-u.ac.jp/DiORG/event-j.html#5
http://www.oitda.or.jp/

掲示板 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る