【重要】O plus E 隔月刊化と価格改定のお知らせ

OplusE 2020年1・2月号(第471号)

OplusE 2020年1・2月号(第471号)

特 集
光通信は空へ,海へ,量子の世界へ
販売価格
1,500円(税別)
定期購読
8,500円(1年間・税別・送料込)
いますぐ購入 定期購読する
  • 目次
  • 特集のポイント
  • 広告索引

特集

光通信は空へ,海へ,量子の世界へ

■特集にあたって
O plus E 編集部
■光衛星間通信 宇宙開発&利用を支える次世代宇宙通信基盤技術
宇宙航空研究開発機構 山川 史郎
■静止衛星-地上間の超高速光衛星通信
情報通信研究機構 久保岡 俊宏
■5G時代の光通信-無線・光通信を繋ぐデバイス・システム技術-
三重大学 村田 博司
■青色LDを用いた水中LiDAR
トリマティス 島田 雄史,鈴木 謙一
■商用化された光無線通信装置による海中非接触データリンク
東京海洋大学*,海洋研究開発機構** 山中 寿朗*,後藤 慎平*,澤 隆雄**
■水中ギガビット高速可視光無線通信技術
山梨大学 中村 一彦,塙 雅典
■量子技術を用いた暗号通信の最近の進展
玉川大学 二見 史生
■PPLN導波路を用いた位相感応増幅器とコヒーレントイジングマシン応用
NTT先端集積デバイス研究所*,NTT物性科学基礎研究所** 梅木 毅伺*,稲垣 卓弘**,風間 拓志*,笠原 亮一*,武居 弘樹**

特別企画

■国際画像機器展2019 特別招待講演【ロボットビジョン】
大阪工業大学 奥野 弘嗣
■国際画像機器展2019 特別招待講演【ディープラーニング】
NECデータサイエンス研究所 佐藤 敦

連載

■【一枚の写真】フルカラーを志向したエレクトロクロミック電子ペーパー
千葉大学 小林 範久
■【oe 玉手箱のけむり】その5 フォノンとフォトン
伊賀 健一
■【私の発言】いかに自分を納得させ進めるかが重要 自分が納得できないものには人はついてこない
藤原 義久
■【輿水先生の画像の話-魅力も宿題も-】第13回 似顔絵はAIで描けるか?―等身大の科学技術,その幕開けを見る―How could AI Facial Caricaturing be Possible via Image Technology? - As a Beginning of Life-sized Science and Technology -
YYCソリューション/中京大学 輿水 大和
■【光学ゼミナール】第13回 収差
宇都宮大学 黒田 和男
■【波動光学の風景】第140回 142. 代表的な補償板
東芝 本宮 佳典
■【干渉計を辿る】【最終回】第13章 干渉計 補足
市原 裕
■【研究室探訪】vol. 13 中央大学 梅田研究室(知的計測システム研究室)
中央大学 梅田研究室(知的計測システム研究室)
■【国立天文台最前線 第11回 次世代のVLBI技術へと向かう水沢VLBI観測所
荒舩 良孝
■【ホビーハウス】LED光源と本-光と影
鏡 惟史
■【コンピュータイメージフロンティア】『アイリッシュマン』『イントゥ・ザ・スカイ ~気球で未来を変えたふたり~』『キャッツ』ほか
Dr.SPIDER
■【ホログラフィ・アートは世界をめぐる】第13回 太陽の贈り物シリーズ part 2 U・F・Oと巨石遺跡―黒い森からブルターニュへ
石井 勢津子

コラム

■Event Calendar
■掲示板
■O plus E News/「光学」予定目次
■New Products
■オフサイド
■次号予告

表紙写真説明

国立研究開発法人情報通信研究機構小金井本部にある光衛星通信実験用の口径1. 5 mの反射望遠鏡。低軌道を周回する人工衛星を追尾可能な望遠鏡としては日本最大級である。画像は,2019年1月18日に打ち上げられた50 cm角サイズの小型衛星RISESAT(東北大学が中心となって開発)との人工衛星レーザー測距実験で,衛星に搭載した反射器でレーザー光を反射させて光の往復時間を測定するため,高度約500 kmの低軌道を周回する衛星を追尾しながら,波長0.532μmのレーザーを衛星に向かって射出中の様子である。
(関連記事「静止衛星-地上間の超高速光衛星通信」情報通信研究機構 久保岡 俊宏:詳細は29ページ)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

空と偏光

2020.03.25

空と偏光

東京工業大学 松谷 晃宏