第26回三次元工学シンポジウム

第26回 三次元工学シンポジウム 最新の計測検査技術

概要

会期 2016.12/7(水)~8(木)
場所 パシフィコ横浜2F アネックスホールF204
参加費 1名1日参加(資料1部) 3,000円
講演時間 40分(質疑討論を含む)

スケジュール

12月7日(水) 10:00-12:00

開会の挨拶 吉澤 徹(NPO三次元工学会)
司会 細井正久(ソニーテクノクリエイト株式会社)
10:00~10:40
リソグラフィにおける逆問題手法による光計測 (一部調整中)
稲 秀樹(キヤノン株式会社)

Key words逆問題手法の基本、高速高精度計測、光CD(Critical Dimension)計測

10:40~11:20
新開発技術「広視野レーザ位相差顕微鏡」
清水 勲(有限会社高度技術研究所、茨城高専名誉教授)

Key words生体細胞、高解像、非染色、実時間検査、In-lineホログラム

11:20~12:00
Laser Radarの計測技術と自動車産業への適用例
日高康弘(株式会社ニコン)

Key wordsTOFによる測距、FMCW方式、ロボットとの連携、自動車産業

12月8日(木) 10:00-12:00

司会 井口 潔(元・シチズンマシナリ株式会社)
10:00~10:40
光コムを活用した非接触・高速三次元形状計測
野田直孝(株式会社光コム 取締役COO 上席システムコンサルタント)

Key words光コムの原理、全数インライン測定によるインダストリー4.0の実現

10:40~11:20
人体三次元計測とアパレル電子商取引
持丸正明、河内まき子(産業技術総合研究所)

Key words人体形状、デジタルヒューマン、国際標準

11:20~12:00
ディジタルホログラフィの最新動向-ディジタルホログラフィは何に使えるか!-
早崎芳夫(宇都宮大学オプティクス教育研究センター)

Key words位相イメージング、工業計測、バイオ計測、蛍光ホログラフィ、ナノ粒子計測

お申し込み方法

申込み受付は終了いたしました。

お問合せ先

NPO三次元工学会
〒230-0078 横浜市鶴見区岸谷4-13-18 リック岸谷1F
E-mail toru@3dsoc.org

ダウンロード

展示会FAQ

第26回三次元工学シンポジウム