【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

美濃島 薫氏が第5回光工学業績賞(高野榮一賞)を受賞第5回光工学業績賞(高野榮一賞)

 電気通信大学教授の美濃島 薫氏に,2021年度の応用物理学会第5回光工学業績賞(高野榮一賞)が授与された。光工学業績賞・功績賞は,光工学の研究開発において顕著な業績をあげた研究者・技術者を顕彰することを目的とし,故 高野榮一氏からのご寄付を基金として2010年に応用物理学会に設立された高野榮一光科学基金の事業のひとつとして2017年に制定された。
 美濃島氏は,周波数測定基準として提案されていた光周波数コム技術の広範な可能性に着目して,光周波数コムの概念と応用性を拡張し,光波を自在に制御・操作するツールとして,「光周波数コムによる光の時空間制御・操作技術の創出と光学計測への貢献」が認められ,受賞が決定した。
 美濃島氏による受賞の感想は以下のとおりである。
「私の受賞テーマである光周波数コムは,周波数軸上に超精密な櫛状スペクトルをもち,人類が手にした最も正確なものさしと呼ばれています。同時に,時間軸上では制御された超短パルス列の面を持っています。私は超高速分野から精密計測の世界に入ったのですが,当時は,両者は直交する研究分野で,私の研究も十分理解していただけない面がありました。しかし,私は,光の性質を使いつくすことで,その応用分野を広げたいという思いから,光周波数コムの多次元性や,それらを自在に操る高い制御性に注目し,単なる光周波数の精密計測に留まらないツールとして可能性を広げることに注力してきました。本受賞によって,それを認めていただけたことを大変うれしく思っております。ここに,これまで一緒に刺激的な研究を続けてきた多くの学生・若手研究者を含む共同研究者の方々に感謝申し上げるとともに,今後も,分野横断的な光の可能性を広げる新しい挑戦を一緒に続け,広範な科学技術に貢献していきたいと思っています。」

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る