【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

武田光夫氏が第5回光工学功績賞(高野榮一賞)を受賞第5回光工学功績賞(高野榮一賞)

 宇都宮大学オプティクス教育研究センター名誉フェロー・電気通信大学名誉教授の武田光夫氏に,2021年度の応用物理学会第5回光工学功績賞(高野榮一賞)が授与された。光工学業績賞・功績賞は,光工学の研究開発において顕著な業績をあげた研究者・技術者を顕彰することを目的とし,故 高野榮一氏からのご寄付を基金として2010年に応用物理学会に設立された高野榮一光科学基金の事業のひとつとして2017年に制定された。
 武田氏は,光計測・光情報処理・イメージングの分野における先駆的な研究を通じて,光工学と情報工学の統合と,情報光学の発展に大きく寄与されている。さらに,武田氏は,研究を通した光工学への貢献のほか,応用物理学会理事,応用物理学会日本光学会幹事長,国際光工学会(SPIE)理事などを歴任して学会活動に貢献され,日本光学会幹事長のときに「高野榮一光科学基金」の設立に尽力するとともに,高野榮一氏の遺志に沿った最初の助成活動として光設計研究グループのODF国際会議を支援された。以上のような武田氏の長年にわたる功績が認められ,受賞が決定した。
 武田氏による受賞の感想は以下のとおりである。
「このたびの思いがけない受賞,大変光栄に存じます。学生時代から今日まで,「光」と「情報」の間のはざま道を,迷いつつ,転びつつ,道草を楽しみながら,気ままに歩み続けて来ました。「物の科学(光)」と「事の科学(情報)」の融合のシナジーを夢見ながらの50年,気がつけば,既に日は暮れ,途なお遠く,私のきままな旅は途半ばで終わろうとしています。このような私が賞をいただいてもよいのかしら?と戸惑いながらも,今回の受賞を前線から退く老兵へのありがたい励ましと受けとめております。推薦・選考をしてくださった方々,また,これまでお世話になった恩師,友人,学生をはじめとする多くの方々に厚く御礼申し上げます。」

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る