【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

一瞬だけ光るオーロラから宇宙のコーラス電磁波の発生域における周波数特性を解明名古屋大学,金沢大学,国立極地研究所,電気通信大学

 名古屋大学,金沢大学,国立極地研究所,電気通信大学の研究グループは,オーロラ現象の地上観測から,宇宙で発生するコーラス電磁波の発生域における周波数特性を明らかにした。
 コーラス電磁波は,地球周辺のプラズマを放射線になるまで加速させるだけでなく,地球磁力線に沿ってプラズマを地上へ降下させフラッシュオーロラなどの特殊なオーロラ現象を発生させる。コーラス電磁波は,電子ジャイロ周波数の半分を基準に,高周波コーラスと低周波コーラスに分かれて観測されている。コーラス電磁波の周波数により,コーラス電磁波が影響を与える電子エネルギーは異なるため,宇宙の発生域におけるコーラス電磁波の周波数分布を明らかにすることは,地球周辺プラズマ環境の理解に重要である。しかし,コーラス電磁波は発生域から離れて伝搬するため,科学衛星による電磁波観測だけでは発生域と発生域から離れた位置のコーラス電磁波の周波数分布を区別することが困難であった。
 同グループは,低いエネルギーのオーロラを光らせる電子は地上に遅く到達,高いエネルギーの電子は地上に速く到達し,電子エネルギーはコーラス電磁波の周波数と関係するため,オーロラの時間特性から宇宙のコーラス電磁波を調べられると考えた。オーロラ観測とコンピュータによる数値計算を駆使し,宇宙の発生域において低周波から高周波までコーラス電磁波の周波数分布が連続であると,観測されたフラッシュオーロラの時間特性を再現することができた。
 磁石になっている水星においてコーラス電磁波はまだ調べられていない。現在,水星に向けて宇宙空間を航行中の水星磁気圏探査機「みお」との電磁波観測と本研究で明らかとなった地球での知見を比較することにより,水星におけるコーラス電磁波の電子への影響が明らかになることが期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る