【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

コンクリート構造物のひび割れをレーザーで素早く視覚化芝浦工業大学,量子科学技術研究開発機構

 芝浦工業大学,量子科学技術研究開発機構の研究チームは,コンクリート構造物の欠陥をレーザー誘起プラズマから発生する衝撃波で検出する,完全非破壊な遠隔打音検査手法を開発したと発表した。
 コンクリート建造物の健全性診断は専門の技術者による目視・打音検査で行っているが,今後予測される需要に対して技術者不足や診断にかかる時間の改善が必要とされている。
 今回開発した方法では,コンクリート構造物の表面近くにレーザー誘起プラズマでレイリー波を発生させた。そして,欠陥部分の内側と外側のコンクリート表面の複数の点で振動を分析した。解析の結果,欠陥のある部位には振幅が大きなレイリー波が発生していることがわかった。これは,他の衝撃波よりも速い速度で動く表面波である。このレイリー波が観測された箇所を検出することで,内部に埋没されたものも含めて,欠陥箇所を特定することに成功した。
 レイリー波を可視化することで,振動を解析する他の遠隔測定手法に比べて構造物の欠陥をより早く検出,固有振動モードの測定に比べて測定点数が少なく済む。LIP衝撃波を用いたコンクリート構造物のひび割れの評価は,安全かつ迅速な方法であり,インフラの維持や構造物の破壊防止に活用できる。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

私の発言もっと見る

一枚の写真もっと見る