【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

ナノ構造光電極の電荷分離機構を実空間で可視化科学技術振興機構,北九州市立大学,金沢大学

 科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業において,北九州市立大学,金沢大学の研究グループは,電気化学イメージングに特化したプローブ顕微鏡を用いて,微細構造をもつ半導体光電極の電荷分離機構を明らかにした。  半導体光電極を使った水分解反応は,再生可能資源からの水素製造法として注目されており,TiO₂ナノチューブは水分解に有効な半導体光電極として知られている。しかし,電荷分離により生じる電子や正孔に起因した反応を局所的に分析することの技術的な課題から,その効率的な電荷分離機構についての理解は得られていなかった。  同グループは,走査型電気化学セル顕微鏡(SECCM)を使用してTiO₂ナノチューブ電極の局所的な光電気化学特性を調べた。通常の光電気化学測定では電極全体の情報しか得られないのに対し,SECCMではナノピペットを利用して微小な液滴状の電気化学セルを形成し,水分解反応に由来する光電流を局所的に分析できる。光電流の高い領域と低い領域が存在する一方で,TiO₂ナノチューブの上部と側面における局所的な光電流値に大きな差がないことが初めて分かった。この結果は,TiO₂ナノチューブ光電極における電荷分離機構が直交型であることを実験的に示すものである。また,この電荷分離モデルは,PbO₂(二酸化鉛)粒子の光電気化学的な析出反応によっても裏付けられた。  本研究成果により,さまざまなナノ構造半導体光電極の光電流特性を微細領域で理解できるようになったことから,材料設計の最適化が加速し,光電気化学的な手法を用いた水分解反応が高性能化することが期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

私の発言もっと見る

一枚の写真もっと見る