【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

量子もつれに劇的な変化をもたらす新たな条件の発見慶應義塾大学,理化学研究所

 慶應義塾大学と理化学研究所の研究チームは,量子もつれと量子測定の強さの競合によって生じる量子測定誘起相転移が発現するための新たな条件を発見したと発表した。量子力学的な時間発展を示す多数の粒子系では,一般的に量子もつれが時間的に増大する。一方,量子測定や量子散逸の効果は量子もつれを軽減させる。その結果,量子的な測定頻度を増していくと,量子もつれの増大率に相転移(測定誘起相転移)が起きる。同チームは,多数の粒子が長距離に渡ってお互いに力を及ぼし合う時,測定誘起相転移が生じるための一般的な条件を導出した。この発見は,測定誘起相転移に対する新たな知見を与えるのみならず,ノイズのある量子コンピューターにおける量子もつれ生成の頑健性に対しても,有用な知見を与えると期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

私の発言もっと見る

一枚の写真もっと見る