【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

重症度迅速診断センサーの開発に成功北海道大学,徳島大学

 北海道大学,徳島大学の研究グループは,患者の重症度指標となる血液中のアラーム物質をベッドサイドでリアルタイムに測定するセンサーを開発したと発表した。  これまで集中治療室に入室した患者の重症度診断には,多数の検査値から算出する死亡予測値が使われていたが,重症度をリアルタイムに把握するものではなかった。徳島大学は,血中アデノシン三リン酸(ATP)と乳酸の血中濃度比がリアルタイムで重症度を示すことを実証し,「A-LES値」という指標を提案した。しかし,当時のATP値と乳酸値測定は,それぞれ別々の専用測定装置が必要なため,A-LES値を利用した迅速な重症度評価には限界があった。一方,北海道大学はATPを簡便に測定できる手法を確立していた。そこで,北海道大学と徳島大学はATP値および乳酸値の測定を一体化してベッドサイドでも迅速・簡便に測定できるセンサーの開発に取り組んできた。  本センサーは血中ATPと乳酸に酵素を作用させ,生成物質をそれぞれ電極で測定する仕組みである。両者の測定手法を統一し,必要な2組の電極を1枚のチップに集積したシンプルなセンサー構成になっている。また,マイコン制御により測定の手間が大幅に削減されているため,医療現場に適したセンサーである。  本センサーの開発により,数ステップの操作で,重症度の指標であるATPと乳酸を約5分で測定が可能となった。従来法と同等の測定値を示すことも実証された。患者のベッドサイドで利用可能であるため,インフルエンザや新型コロナウイルスをはじめ,重篤化した様々な患者の迅速な診断と治療に貢献することが期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

私の発言もっと見る

一枚の写真もっと見る