【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

分子の動きを捉える顕微鏡素子を熱延伸法で開発東北大学

 東北大学の研究グループは,熱可塑性材料に熱と張力を加えて任意の断面デザインのファイバーを量産する「熱延伸法」により,BEM電極素子の量産化に成功したと発表した。さらに,同手法により先端がすぼまった形状のテーパードBEM電極素子の作製に成功し,小さな領域を大きく拡大された光イメージとして可視化する「拡大イメージング」の原理実証にも成功した。
 近年開発されている「バイポーラ電気化学顕微鏡(BEM)」は,高密度な電極基板と光シグナルによって分子濃度分布を高解像度で可視化することが可能である。しかし,歴史の浅いこの顕微鏡の電極基板を安定して量産する方法は確立されておらず,基礎研究や実用化のボトルネックとなっていた。さらに原理上の解像度は「光の回折限界」が上限となる課題があった。同グループの研究により,素子の量産化によって生命科学研究への実装の可能性が広がったうえ,超高解像度分子イメージングの可能性を示した。生命科学研究の新たなツールとして普及することが期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

私の発言もっと見る

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る