【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

超重元素の初めての精密質量測定に成功高エネルギー加速器研究機構,理化学研究所,九州大学

 高エネルギー加速器研究機構(KEK),理化学研究所(理研),九州大学を中心とする国際共同研究グループは,理研の重イオン加速器施設「RIビームファクトリー(RIBF)」の気体充填型反跳核分離器(GARIS-II)と多重反射型飛行時間測定式質量分光器(MRTOF)を用いて,原子番号105番の超重元素ドブニウム同位体²⁵⁷Dbの質量を精密に測定することに成功したと発表した。これは,超重元素の存在理由を解明する第一歩となる研究である。
 原子番号(=陽子数)が大きい超重元素は,正の電荷をもつ陽子間の反発力が大きく,どこまで原子番号の大きい元素が存在できるか分かっていないため,新元素の探索が続けられている。一方,なぜ存在できるかを解明するには,原子核の結合エネルギーの系統的研究が鍵となり,そのためには超重元素同位体の質量をくまなく精密測定することが必要である。
 理研の加速器施設において核融合反応で生成されたドブニウム同位体(²⁵⁷Db)は,研究グループが開発したMRTOF質量分光器とα-TOF検出器を用いることで,1日に2個程度しか観測できない稀な事象にも関わらず,質量を1/100万の相対精度で決定できた。これは,超重元素同位体を直接質量測定した初めての実験である。また,今回の測定結果から,超重元素領域の原子核の原子番号を決定するには最低2事象を観測できれば良いことも実証した。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る