【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

磁石のカイラリティを利用した自然旋光性の電場制御に成功東京大学,理化学研究所

 東京大学,理化学研究所の研究グループは,らせん型に配列したスピンを用いることでテラヘルツ帯に大きな自然旋光性が生じることを発見し,電圧による自然旋光性の制御に成功したと発表した。
 カイラリティは,右手と左手のように鏡像が重ならないという対称性の破れを表す概念で,生体分子から素粒子といったさまざまな階層に見られる。自然旋光性はカイラリティを持つ物質中を進む光の偏光が右手系と左手系で逆向きに回転する現象である。細菌学者としても有名なパスツールは,自然旋光性を使うことで初めて光学分割と呼ばれる右手系と左手系のより分けを実現している。通常の物質では原子の空間配列によってカイラリティが生じるが,磁石の源であるスピンの配列が作るカイラリティの性質は知られていなかった。
 同グループにより,らせん型に配列したスピン構造を持つCuOを用いてテラヘルツ帯の透過光の偏光を測定した。その結果,右巻きと左巻きのスピン配列が,それざれ逆向きの偏光回転を示す,つまり自然旋光性を生じさせることを発見した。さらに,電圧によって右巻きと左巻きのスピン配列を入れ替えることで,自然旋光性の電圧制御を実現した。  今回の成果は,カイラリティを持つスピン配列を使うと,電圧で光を制御できることを示している。また,スピン配列由来のカイラリティを用いることで,電圧書き込み光読み取りの新しい低消費電力メモリの実現に役立つことが期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

私の発言もっと見る

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る