【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

光学技術でコロナウイルス検出 徳島大、数年内の商品化目指す

 徳島大ポストLEDフォトニクス研究所と大学院医歯薬学研究部は、簡便で迅速な新型コロナウイルスの検出法を開発したと発表した。光学技術を使ってウイルスのリボ核酸(RNA)の存在を把握する手法。結果判定まで20分程度と、PCR検査の5~6時間から大幅に短縮できる。研究グループは「速やかな診断が可能になり、新型コロナの感染拡大抑制への貢献が期待できる」としている。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る