【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

金属ナノ粒子で光触媒のモチベーションを上げることに成功京都大学,信州大学

 京都大学,信州大学の研究グループは,光触媒の活性サイトをうまく分離することによって二酸化炭素の光還元を効率的に進行させることに成功したと発表した。
 水(H₂O)を電子源とする二酸化炭素(CO₂)の光還元は,植物が行う光合成を模倣したCO₂再資源化システムであり,いわゆる人工光合成の1つとしてよく知られている。Al(アルミニウム)をドープしたSrTiO₃(Al-SrTiO₃)は異なる結晶面をもつ光触媒であるため,効率的な電荷分離が進行することが知られている。しかし,CO₂の光還元にはほとんど活性を示さなかった。本研究グループは異なる結晶面に異なる金属ナノ粒子を修飾することによって効率的にH₂Oを電子源とするCO₂の光還元が進行することを見いだした。本研究で使用したAl-SrTiO₃は390 nm以上の波長の光を吸収でき,今回の結果は可視光応答型光触媒開発の第一歩として期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

私の発言もっと見る

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る