【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

幅広い応用が期待される赤外光源を開発核融合科学研究所,秋田県立大学

 核融合科学研究所,秋田県立大学の研究グループは,様々な成分分析に利用できる赤外光源の開発に成功したと発表した。この光源は,広い波長範囲(波長2.5~3.7マイクロメートル)の中赤外線を高輝度で安定して発生し,小型で安価に作製できる。また,本光源は,次世代の高速・高感度センサーとして開発研究が進められている,赤外線と光ファイバーを利用したセンサーへの適用が可能である。将来の核融合発電所における環境モニタリング,医療分野での呼気診断,工場や各家庭における微量ガス・危険物検知など,幅広い応用が期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る