【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

低温下における量子もつれの新法則を発見理化学研究所

 理化学研究所の国際共同研究チームは,量子力学に従う多粒子系(量子多体系)が有限温度下で示す「量子もつれ」に関する新たな法則を発見したと発表した。
 量子多体系が示す「量子熱平衡状態」における量子もつれの性質は,「境界則」と呼ばれる普遍法則に従うことが知られている。これは,系を2つの領域に分割したとき,領域間の量子もつれの大きさが境界の大きさ(面積)に比例するという法則である。境界則は,室温下では普遍的に成り立つことが証明されている。一方,低温下では温度Tが絶対零度(0ケルビン)に近づくにつれて,温度の逆数(T⁻¹)に比例して破れていくとこれまで考えられていた。
 今回,同チームは,境界則が従来の予想に反して温度Tの逆数の2/3乗(T⁻⅔)に比例して破れていくことを新たに示した。さらにこの性質をもとに,低温下での量子多体系の量子熱平衡状態をシミュレートする新手法を開発し,必要な計算時間を従来よりも大幅に短縮することに成功した。
 本研究成果は,虚数の時間発展で生成される量子もつれに関する新たな知見を与えると同時に,量子シミュレーションや量子機械学習などの分野における効率的手法の開発に貢献すると期待できる。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

私の発言もっと見る

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る