【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

エタノールから水素を獲得し水素ガスを発生する有機化合物を開発京都大学

 京都大学の研究グループは,太陽光のエネルギーを駆動力として利用する持続可能な水素製造法および水素化手法を開発したと発表した。
 水素(H₂)はクリーンな次世代のエネルギー源として期待されているほか,医薬品や香料の合成にも用いられている。市販されている水素の90%以上は化石資源を原料として合成されているが,持続可能性の観点から,再生可能な資源を利用する技術へと置き換えることが求められている。例えば,エタノールはバイオマスの発酵によって作られる再生可能な資源である。今回の研究では,水素キャリアとして働く有機化合物を開発した。この水素キャリアは,太陽光のエネルギーを駆動力として,エタノールを水素源として利用して合成・再生できる。この水素キャリアを用いることにより,水素を製造したり,有機化合物を水素化することができる。本手法は持続可能な水素製造法および水素化手法として期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

私の発言もっと見る

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る