【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

生物研究用に開発された蛍光ガラス素材順天堂大学,東京大学

 順天堂大学,東京大学の研究グループは,パッチクランプ電極を緑色蛍光で可視化する手法を開発したと発表した。
 神経細胞の活動を記録する上で,パッチクランプ記録法は欠かせないツールとなっている。また近年の遺伝学の発展により,特定の細胞種の蛍光タンパク質標識が一般的に用いられているが,記録に使用されるガラス電極には蛍光がないため,それらを同じ視野内で観察することができなかった。もとより標的パッチクランプ記録法は技術者の繊細な手技が要求される難しい手法であり,実験者の技術的な努力で補われているという現状があった。
 そこで,同グループは希土類イオンの1つである酸化テルビウム(Tb₃⁺)をガラスに添加し,緑色の蛍光波長をもたせることで,GFP標的細胞と同時に可視化できるパッチクランプガラス電極を実現した。このTb₃⁺電極は緑色の蛍光だけでなく,非線形光学効果であるTHGのシグナルも見られた。Tb₃⁺電極はこれらのシグナルを手がかりに,脳研究におけるシングルセル解析に有用なツールとなることが期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る