【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

天然の青色発色団フィコシアノビリンの高速抽出法の開発に成功豊橋技術科学大学

 豊橋技術科学大学の研究グループは,シアノバクテリアの細胞を高温高圧条件下でアルコール処理することで,フィコシアノビリン(PCB)を高効率かつ高速に抽出する手法の開発に成功したと発表した。また,本手法を応用することで,同位体元素によって標識されたフィコシアノビリンの調製や,光スイッチタンパク質にフィコシアノビリンを取り込ませることが可能であることも実証した。
 フィコシアノビリンとはシアノバクテリアのもつ天然の青色発色団であり,食用色素,抗炎症・抗酸化作用をもつ医薬品,生物の機能を制御する光スイッチなどへの応用が期待されている。フィコシアノビリンは,光合成タンパク質であるフィコシアニンに強固に結合しているため,その抽出には煩雑な操作や,長時間の化学反応が必要だった。
 本技術により,新しい機能性食品・医薬品の開発や,光スイッチの構造解明や機能改変につながることが期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る