【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

電波障害の原因となりうるプラズマバブルを昼間にもGPSを使って観測名古屋大学,情報通信研究機構 研究グループ

 名古屋大学,情報通信研究機構の研究グループは,国内に設置されているGPS受信機網で得られたデータを詳しく解析し,電波伝播障害の原因となるプラズマバブルが,日出後に日本上空の高度約300 kmの電離圏に現れ,正午過ぎまで存在していたことを明らかにした。
 赤道域電離圏に発生する「プラズマバブル」と呼ばれる現象は,電離圏の中で最も激しい乱れの1つであるため,プラズマバブルが,いつ・どこに現れるかを知ることは,喫緊の課題として大変重要とされていた。これまでの研究により,ほとんどのプラズマバブルは赤道域で夜間にのみ出現するが,ごく稀に日本の位置する中緯度域に出現したり,昼間にも出現したりすることがあることが分かっていた。しかし,なぜプラズマバブルが昼間に存在できるかは分かっていなかった。
 本研究では,GPSを用いた詳細な電離圏の2次元観測として初めて昼間に存在するプラズマバブルを捉え,プラズマバブルが昼間にも存在する原因を初めて明らかにした。今後,全球データの解析をすることにより,プラズマバブルが昼間の中緯度に出現する詳細な条件を明らかにする予定である。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る