【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

光子の量子もつれ状態検証の,著しい効率化に成功京都大学,広島大学 研究グループ

 京都大学,広島大学の研究グループは,光子の量子もつれ状態を,従来に比べて著しく高い効率で検証する方法の実証に,構築した6つの光子間量子ゲートを含む光量子回路を用いて成功したと発表した。
 電子や光子などの量子は,通常の物体とは異なった振る舞いをする。その量子の個々の振る舞いや相関(量子もつれ)を制御することで,飛躍的な計算能力を実現する量子コンピューターや,盗聴不可能な暗号を実現する量子暗号,さらに,従来の計測技術の限界を超える量子センシングなど,「量子技術」の研究が精力的に進められている。その中でも,光子は,長距離伝送が可能で,また室温でも量子状態が保存されるため,有力な担体である。
 今回実現した方法は,光子の量子もつれ状態が大規模化しても高い効率を保てることから,光量子コンピューターや,量子暗号の長距離化,また光量子センシングなどに貢献するものである。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る