【重要】O plus E 隔月刊化と価格改定のお知らせ

プロトン伝導に応答して発光色をマルチカラーに変化する透明高分子膜の開発に成功東京理科大学 研究グループ

 東京理科大学の研究グループは,プロトン伝導によるプロトン(水素イオン)濃度すなわちpHの局所的な変化に応答して緑色~黄色~赤色の発光色を変化させる透明高分子膜の開発に成功したと発表した。
 透明性の発光材料は,省エネ材料の1つとして,照明,ディスプレイ,セキュリティーなど様々な分野での応用が期待されている。特に高分子素材を用いたものは,サイズや形状の自由度が高いことから最近高い関心が集まっている。発光材料が発する光の波長範囲は種類ごとに決まっており,目的に応じて異なる材料を用いることができる。もし,同一の発光材料が条件によって異なる波長(=異なる色)の光を発することができると,応用分野が広がり大変興味深い材料になる。今回,同グループでは,異なるpH領域で発光可能な2種類の発光性希土類錯体を使った。これらをプロトン伝導性の陽イオン交換高分子膜「ナフィオン」の中に取り込ませ,電圧の印加によって膜内部のプロトン濃度(=pH)を局所的に変化させることによって,緑色から黄色を経て,赤色に発光色を可逆に切り替えることに成功した。
 本研究の成果を活用することにより,プロトン移動によってマルチカラーで発光するこれまでにない発光素子を作製できると考えられる。そのほか,イオン(プロトン)が伝導して発色の変化が見られることから,生体試料中の異なるpH領域を可視化する染色法としての活用や,生体中のpH変化を細胞レベルで検出するセンサーの開発などにつながることが期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る