【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

アルマ望遠鏡が追う星のヒナ誕生までの10万年大阪府立大学,名古屋大学 研究グループ

 大阪府立大学,名古屋大学の研究グループは,法政大学,東北大学,九州大学,パリサクレー大学などと共同で,おうし座方向に存在する「星(恒星)を作る材料」が濃く集まった星の卵とも言える「分子雲コア」の成長の様子を調べるために,アルマ望遠鏡を構成するモリタアレイで多数の卵を観測する「国勢調査」を行った。その結果,分子雲コアの中心部が徐々に濃くなり,ある密度(100万個/cc)を超えると,自身の重力によって星へと急成長する様子を精密に測定することに成功したと発表した。また,観測した分子雲コアのうちの1つが,星のヒナが誕生した瞬間の姿に相当する可能性が高いことも分かった。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る