【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

宇宙項を小さくしながら,ゲージ対称性を拡大するメカニズムを,ヘテロティック超弦理論の内挿コンパクト化模型に於いて実現大阪市立大学 研究グループ

 大阪市立大学の研究グループは,超対称性がプランクスケールで破れている超弦理論と従来の超弦理論との内挿コンパクト化模型に於いて,宇宙項の値を小さくしながら,現代素粒子物理学の基本原理であるゲージ対称性を拡大する新規なメカニズムを提案し,最も簡単なコンパクト化の場合に対してゲージ対称性を拡大でき,これと1:1に対応している有効ポテンシャルの様々な極値を決定することに成功したと発表した。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る