【重要】O plus E 隔月刊化と価格改定のお知らせ

細胞内の状態を可視化するセンサーの開発東京工業大学 研究グループ

 東京工業大学の研究グループは,細胞内の酸化還元状態をリアルタイムにモニターできる新しい蛍光タンパク質センサーを開発し,動物細胞や植物細胞内の酸化ストレスのたまり具合,光合成に伴う酸化還元状態が変化する様子などを捉えることに成功したと発表した。
 細胞内の酸化還元状態の変化を探るために様々なタンパク質センサーが開発されてきたが,今回,還元状態から酸化状態の変化によって青から緑に色が変わる新しいセンサーを開発した。環境の変化によって色を変えるアオガエルにちなんで,このタンパク質センサーを「FROG/B」と命名した。
 生体内では酸素が過剰な電子を受け取ると反応性が極めて高い活性酸素種(一般にROSと呼ばれる)が生成し,これがタンパク質や脂質を酸化して障害をもたらす酸化ストレスの原因になる。一方,光合成を行う生物では,光照射によって水が分解されて還元力が生じ,NADPHという還元物質が作られる。このNADPHを利用して二酸化炭素が還元され,糖が合成されている(光合成反応)。また,水の分解で生じる還元力の一部は細胞内の様々な酵素の機能の制御にも使われている。多くの酵素は還元されると,活性が上昇,つまり,スイッチがオンの状態になる。したがって,細胞内の酸化還元状態を知ることは,光合成を行う細胞の機能制御のメカニズムを探る大切な情報である。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る