【重要】O plus E 隔月刊化と価格改定のお知らせ

サブサイクル光を増幅する新手法の開発理化学研究所,科学技術振興機構 研究チーム

 理化学研究所,科学技術振興機構の研究チームは,一波長励起の増幅器を用いて,「サブサイクル光」と呼ばれる光電場が振動する周期よりも短い時間幅の極超短パルスレーザー光を簡便に増幅する新たな手法を開発したと発表した。
 本研究成果は,化学反応における電子の動きや強い光電場下での固体の状態変化など,物質の超高速応答を観測・制御する有力な手段を提供するものと期待できる。
 サブサイクル光を増幅するには,1オクターブ以上の光周波数帯域での利得(入力に対する出力比)が必要である。しかし,従来の光学パラメトリック増幅(OPA)では,ここまで広い利得周波数帯域幅を得られなかった。
 今回,研究チームは,非線形光学結晶BBOを用いたOPAにおいて,励起光の波長を708 nmにすることで,利得周波数帯域幅を1オクターブ以上に広げることに成功した。増幅した広帯域光を周波数に応じて重ね合わせる(分散補償)ために,波長分割と合成のための干渉計を2つの分散制御装置と組み合わせた。その結果,光周波数130~300 THzにわたる短波長赤外領域のレーザー光の増幅と分散制御が可能になった。パルス幅が4.3フェムト秒であることから,得られた出力光がサブサイクル光であることを確認した。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る