【重要】O plus E 隔月刊化と価格改定のお知らせ

見逃されていた細胞ごとのばらつきを可視化するソフトウェアを開発筑波大学,理化学研究所 研究グループ

 筑波大学,理化学研究所の研究グループは,1細胞RNAシーケンス法(1細胞RNA-seq)データのリードカバレッジの細胞間変動(細胞ごとのばらつき)を可視化するソフトウェア「Millefy(ミルフィー)」を開発したと発表した。
 1細胞RNA-seqデータのリードカバレッジには,既知・新規転写単位,正常・異常スプライシング,アンチセンスRNAやエンハンサーRNAの発現などの様々なRNA関連生命現象が反映されている。これらの生命現象の細胞間変動は,発生・再生過程や疾患において観察される,細胞間での機能の違いに寄与すると考えられるため,リードカバレッジの細胞間変動の可視化は,疾患機序解明やバイオマーカー探索において重要である。しかし,これを効果的に捉えるデータ可視化手法はこれまで存在しなかった。
 同グループは,リードカバレッジの細胞間変動を可視化するソフトウェア「Millefy」を開発した。Millefyを,既報のマウス胚性幹細胞(ES細胞)およびトリプルネガティブ乳がん患者由来上皮細胞の1細胞RNA-seqデータに適用したところ,アンチセンスRNAの制御,エンハンサーRNAの発現,非翻訳領域長といった,遺伝子発現量だけでは発見・解釈が困難な細胞間変動を明らかにできることがわかった。
 今後,発生・再生研究,がんなどの疾患研究,神経科学といった,1細胞RNA-seqが盛んに用いられている分野において,バイオマーカーの探索や新規機序の発見に貢献することが期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

空と偏光

2020.03.25

空と偏光

東京工業大学 松谷 晃宏