【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

光で「生きたまま」微生物を高密度濃縮できるハニカム基板を開発大阪府立大学 研究グループ

 大阪府立大学の研究グループは,科学技術振興機構の未来社会創造事業において,レーザーを照射しているにもかかわらず生体サンプルを低ダメージ(生存率80~90 %)かつ培養フリーで高密度に濃縮できる「ハニカム型光濃縮基板」の開発に成功したと発表した。
 細菌を生存状態で基板上に迅速に高密度集積化する技術は,目的とする細菌を培養で増やすことが困難な場合に,微量の代謝物の評価や,有用細菌の代謝機構を用いた微生物テクノロジーの発展において切望されている。
近年,有用細菌の代謝機構を利用した応用例は,有機物の分解による汚水処理やバイオエタノールの生産,電気的エネルギーの取得など,バイオマス関連の極めて幅広い領域に渡っている。本研究では,自然界で最も稠密な六方最密構造を示す「ハチの巣」から着想を得て,ミクロンオーダーの細菌に適合した細孔を有するハニカム高分子膜に光発熱特性を付与した基板を開発し,多数の細菌を「生きたまま」高密度に光濃縮することで,基板上の細菌総体としての代謝機能の増大とその高効率利用の実証に成功した。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る