【重要】O plus E 隔月刊化と価格改定のお知らせ

光エネルギーで有機廃液を浄化,同時に水素を取り出す技術開発に成功東京理科大学 研究グループ

 東京理科大学の研究グループは,「オキシ水酸化鉄(FeOOH)」に適切な条件下での光を照射すると,工場や農場から排出される有機廃液を光触媒反応で浄化できることを明らかにしたと発表した。オキシ水酸化鉄は,太古の昔からごく身近に存在しているありきたりな物質である鉄サビである。また,水質浄化と同時に,エネルギー源として利用できる水素を取り出せることもわかった。
 光触媒とは,吸収した光をエネルギー源として,通常では進行しない化学反応を促進させる物質のことである。つまり,光触媒反応を上手に利用できれば,光エネルギーを化学エネルギーに変換して貯蔵できることになる。将来的には,太陽光エネルギーを使って水を分解し水素を発生させ,エネルギー源として利用できる可能性がある。
 また,空気中や水中で光触媒材料に光が当たると電子が励起され(エネルギーの高い状態になり),水や酸素と反応して活性酸素が発生する。活性酸素には極めて強い酸化力があるので,アルコールをはじめとするほとんどすべての有機化合物は酸化分解してしまう。つまり,光触媒には,抗菌,汚れ分解,脱臭などの機能がある。
現在,光触媒として実用化されている酸化チタンは,この性質を利用して,ガラスやタイルなどのコーティング,空気清浄器のフィルターなどに使われている。今回の実験で,水銀キセノンランプ(紫外光)照射下においてオキシ水酸化鉄の光触媒反応による水素生成・有機化合物分解能は,酸化チタンの25倍もあることがわかった。今後,オキシ水酸化鉄が可視光に応答するように材料創製することで,酸化チタンに代わる光触媒材料としての可能性が期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る