【重要】O plus E 隔月刊化と価格改定のお知らせ

光を当てるだけで電流に伴って生じる熱流を自在に制御することに成功物質・材料研究機構 研究グループ

 物質・材料研究機構の研究グループは,磁性体に光を照射することにより,電流に付随して生じる熱流の方向や分布を自在に制御できることを実証したと発表した。
 金属や半導体における電流と熱流の変換現象は熱電効果と呼ばれ,代表的な例として電流に伴って熱流が生成されるペルチェ効果が古くから知られている。ペルチェ効果によって生成される熱流の方向は物質によって決まっているが,磁性体においては,電流に伴う熱流の方向を磁気の源であるスピンの性質によって制御することができる。近年,スピン制御技術の向上に伴い,スピンを用いて熱エネルギーを有効利用するための新原理・機能の創出を目指す「スピンカロリトロニクス」に関する研究が世界中で急速に進展している。
 そのようななか,同グループは,これまでスピンカロリトロニクスとまったく接点のなかった光磁気記録の技術に注目し,光でスピンを制御することで,新しい熱エネルギー制御機能を創出した。今回実証した手法を用いれば,磁性体中の光が照射された部分において,光の偏光状態に依存して電流に伴う熱流の方向を局所的に変えることができるため,熱電効果によって発生する温度変化分布を自在にデザインすることが可能になる。
 今回の実証実験に用いた物理現象は磁気・熱・光の相互作用に起因するものであり,従来のペルチェ効果とは異なる原理によって駆動される。今後,光に応答する磁性体が示す熱電効果の微視的起源の解明と新材料開発を進めることで,電子デバイスの効率向上・省エネルギー化に資する熱マネジメント技術への展開や,磁気・熱・光の相互作用に関する基礎物理・物質科学のさらなる発展が期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

空と偏光

2020.03.25

空と偏光

東京工業大学 松谷 晃宏