【重要】O plus E 隔月刊化と価格改定のお知らせ

90 GHz帯を用いて時速240kmで走行する列車と地上間で毎秒1.5ギガビットのデータ伝送に成功(株)日立国際電気,鉄道総合技術研究所,情報通信研究機構

 (株)日立国際電気と鉄道総合技術研究所,情報通信研究機構は,時速約240 kmで走行する列車と地上間にて,ミリ波(90 GHz帯)無線通信システムを用いて,現行の高速鉄道で利用されている対列車通信システムの750倍となる毎秒1.5ギガビットのデータ伝送実験(以下,本実験)に成功したと発表した。
 スマートフォンやタブレットとインターネットの普及により,時間や場所を問わず,高速のインターネット環境を利用したいという社会ニーズが顕在化し,高速走行する列車と地上間の高速通信環境の実現に向けた研究開発が各所で実施されている。最近では,旅客サービス以外にも,走行車両内の防犯カメラ映像や営業車による軌道検測などで必要とされる大容量データ伝送手段として,ミリ波帯通信技術への応用が期待される。
 本実験では,鉄道車両が軌道上を規則正しく走行するという特性に着目し,無線エリアを軌道沿いに構築するシステムを開発した。具体的にはモバイルネットワークのようにセルが2次元的に並ぶのではなく,1次元の線状にセルを構成する方式を採用することでミリ波信号を必要なところまで光ファイバで低損失に届け,必要最小限の距離を無線信号で伝えることが可能になる。
 今後は,今回基本技術を確立したミリ波通信とRoF技術を活用した高速鉄道システムに適した新しい無線通信システムを実用化するため,さらなる技術検討と並行し,国際電気通信連合において本実験に用いた周波数帯を含む,92.0~109.5 GHzの鉄道無線応用に関する国際標準化活動を推進していく。また,鉄道・航空などインフラ向け電波システム海外展開の一環として,国内外の共同研究機関と協力し積極的な展開に取り組む予定である。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

私の発言もっと見る

一枚の写真もっと見る