【重要】O plus E 隔月刊化と価格改定のお知らせ

深海用8Kスーパーハイビジョンカメラの開発に成功海洋研究開発機構,日本放送協会(NHK) 研究グループ

 海洋研究開発機構と日本放送協会(NHK)の研究グループは,深海用8Kスーパーハイビジョンカメラ(U8KSHVカメラ:Underwater 8K Super Hi-Vision カメラ)の開発に成功し,深海底熱水域の超高精細映像を取得したと発表した。
 これまで深海に適用されてきた海中カメラ技術はハイビジョンカメラが主流でしたが,通常のハイビジョンカメラから得られる画質(解像度)では海底環境や生物あるいは鉱物等の詳細を正確に把握するのに限界があった。一方,映像レベルの高度化には,海中における大容量光伝送技術の高速化に加え,カメラ光学系および海中光学伝搬(照明技術)に至る各海中光学技術に対する最適化が不可欠であった。
 そこで,これらの課題に対して統合的に取り組むことで,ハイビジョンカメラの16倍の超高解像度性能を有する8Kスーパーハイビジョン技術と海中光学技術とを融合させることにより,深海プラットフォームに実装可能なU8 K-SHVカメラの開発に成功した。このU8 KSHVカメラを深海無人探査機「かいこう」に搭載し,小笠原海域(水深約1 ,300~1 ,400 m)の深海底において性能評価した結果,8Kカメラが備えるべき超高解像度性能を有していることが確認された。合わせて,U8K-SHVカメラに最適な深海照明を適用することにより,深海における光学的特性が保障され,これまで取得されたことのないマクロからミクロまでの超高精細な深海映像の撮影にも成功した。
 今後,新種生物の発見や海底資源調査の進展をはじめとする,深海研究各分野の進捗に貢献することが期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る