【重要】O plus E 隔月刊化と価格改定のお知らせ

シンチレーション検出器の光出力を決める仕組みを解明日本原子力研究開発機構(原子力機構),量子科学技術研究開発機構 研究グループ

 日本原子力研究開発機構(原子力機構),量子科学技術研究開発機構の研究グループは,シンチレーション検出器の光出力が決まる仕組みを解明し,新たに陽子線・重粒子線に対しても発光量を正確に予測することを可能にしたと発表した。
 放射線と反応して光を発するシンチレーション検出器は,高感度で低価格という優れた特性から,ガンマ線や中性子線の計測,放射線量の測定に広く使用されている。しかし,陽子線・重粒子線などを測定する場合は,検出器へのエネルギー付与に対する発光量の理論的な関係が不確定なため,放射線量を正しく評価できない問題があり,発光メカニズムの解明とそれに基づく正確な発光量予測手法の開発が望まれていた。
 本研究では,放射線が物質にエネルギーを付与する挙動を予測する計算手法に,付与されたエネルギーが分子間を移動する原理と,移動したエネルギーが特定の状態遷移により発光に関与することなく逸失する原理を組み合わせた数理モデルを開発した。そして,この数理モデルにより,ガンマ線やベータ線,アルファ線,陽子線・重粒子線などの様々な放射線によるシンチレーション検出器の発光量を再現することに成功した。特に,従来不明であった陽子線・重粒子線によるシンチレーション検出器の発光が抑制される仕組みが明らかになり,正しい発光量の予測が可能となった。
 本成果により,加速器,宇宙,医療現場などの多様な環境におけるシンチレーション検出器による正確な放射線計測が可能となるとともに,新たな測定器の開発にも貢献することが期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る