【重要】O plus E 隔月刊化と価格改定のお知らせ

周波数利用効率を2.5倍改善する無線アクセス技術STABLEの屋外実証に成功NICTワイヤレスネットワーク総合研究センター

 NICTワイヤレスネットワーク総合研究センターは,周波数資源のひっ迫状況の解決に向け,周波数利用効率を大幅に向上できる新たな無線アクセス技術STABLE(ステーブル)を開発し,今回,横須賀リサーチパークで行った屋外伝送実験の結果,周波数利用効率を2.5倍に向上できることを確認・実証したと発表した。
 これは,複数アンテナによる空間分割多元接続や端末固有の符号による符号分割多元接続を使うことなく,同一周波数・同一時間領域において5台の端末が同時に同一周波数・同一時間領域を使用して小サイズデータをミリ秒オーダーで伝送を行い,基地局側で4ミリ秒以下の遅延時間で各端末のデータを復元する新しい無線アクセス技術の開発により達成可能となった。
 急激なIoT社会の進展に伴い,コネクテッドカーやドローン等,低遅延性を必要とする移動型IoT端末が急速に普及するものと見込まれている。これらの移動型IoT端末を収容する周波数帯として,電波の伝搬損失が比較的少なく見通し外でも通信が行いやすいUHF帯~6GHz帯が適している。しかしながら,これらの周波数資源は既にひっ迫しており,限られた周波数資源を活用して,膨大な数の移動型IoT端末に対して,低遅延性を保証しながら収容するためには,電波資源拡大のため,周波数利用効率の一層の向上が不可欠である。
 従来のLTE方式における上り回線では,空間分割を用いない場合,同一周波数で複数の端末からの同時接続はできなかったことから,本研究成果は周波数利用効率の向上に大きく貢献しうる。
 5Gでは超多数接続と超低遅延を提供する無線アクセス技術は異なる方式として標準化されますが,今回実証した技術は,超多数接続と超低遅延を同時に満たすことを目指すものであり,リアルタイム性を要するコネクテッドカーなどの膨大な数の移動型IoT端末を収容する無線システムの実現につながるものと期待されている。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る